曽和利光「人事と採用のセオリー 成長企業に共通する組織運営の原理と原則」

人事と採用のセオリー 成長企業に共通する組織運営の原理と原則 作者: 曽和利光 出版社/メーカー: ソシム 発売日: 2018/10/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 知り合いのみなさんがすごくいいとFacebookなどで書いてあったので、読んでみまし…

オーラが見える人と、正負のオーラ

このあいだ、たまたまオーラの話になって、思い出したことがありました。 昔、知り合いで、オーラが見える先生がいました。正直、最初は信じられなかったのですが、その先生が、いろんな人のオーラを言っていく中で、性格があっていたり、腰のところでオーラ…

なぜかあちこちで声をかけられる男

先日、台湾で学会に参加して、いつものようにパソコン開いていたのですが、休憩中に見知らぬ台湾人に英語で「パソコン貸してもらえませんか?」と声をかけられ。え? 次の分科会の2番目の発表者で、パソコンを持ってきていなかったようで。1番目の発表者には…

台湾出張での朝市巡り(2018/11/10-11/11)

そして、台湾出張の朝ごはんは、朝市で。11/10、11/11とサントスホテルから徒歩で行ける雙連朝市にいってきました。朝市として有名ということで、朝早くから活気がありました。売ってるものは、食材が中心でした。鶏とか姿のまま、ゆでたりしてましたですよ…

台湾出張での夜市巡り(2018/11/8-11/9)

台湾といえば夜市、ということで、最初の2日は夜市をぶらぶらしてみました。夜市、本当にたくさんあるんですね。 11/8は、国立台湾大のみなさんとの会食の後、角所先生、高瀬くん@関西学院大とLinさんに紹介してもらった臨江街夜市に。露店がたくさん並び、…

台湾出張での夕食めぐり(2018/11/9-11/10)

11/8から11/11の4日間、台湾に出張でした。11/8は国立台湾大学で研究打ち合わせ、11/9から11/11は、27th International Symposium on English Teaching and Book Fair@台湾劍潭海外青年活動中心に参加しました。 11/9、10と相川さん@京都外大の案内でいろ…

10年後のイメージと目標とする研究者

出張で、11/8に台湾に来ました。調べたら、10年ぶりです。10年前は、京大と国立台湾大学で遠隔講義をやっていて、その授業担当を2年間していたので、その関係で京大の関係者として訪問したのでした。懐かしいです。 そして、今回は岳先生、林さん@国立台湾…

目の前に パソコンあっても 気にしない スマホで調べる 若者たちよ

がんばって五七調にしてみました。 グループ学習などでパソコンが使える環境にあっても、スマホで調べる学生が、ここ2、3年で急増しています。今年の「言語と平和2」(初年次教育)では、ノートパソコンをロッカーから借りる形式の教室なので、よりその傾向…

日本教育工学会 SIG-01 第6回セミナー「新たな学習環境をデザインする ラーニングコモンズ・アクティブラーニング教室の設計,実践,評価」

12/16(日)13:30-17:00に東京理科大学にて、日本教育工学会 SIG-01 高等教育・FD 第6回セミナーを開催します。 今回は「新たな学習環境をデザインする ラーニングコモンズ・アクティブラーニング教室の設計,実践,評価」というテーマです。 岩崎さん@関西…

映画「日々是好日」を観てきました。

映画「日々是好日」を観てきました。お茶の先生と生徒の交流を、ゆったりと描いた物語です。 www.nichinichimovie.jp 黒木華と樹木希林のやりとり、雰囲気がすごくよかったです。特に最後近く、二人縁側に座って、桜舞い散るシーンは、目頭が熱くなりました…

実はよくこわがられるんです

昨日のブログは、いろんな方に読んでもらえたようです。職員に限らず、教員、他の人とのコミュニケーションにも共通する話ですよね。 munyon74.hatenablog.jp もちろん、私も最初から職員や教員とうまくコミュニケーションをとれていたわけではなく、いろい…

大学教員は職員と仲良くしましょう

タイトル、いい関係を築こう、とか、お互い信頼できるようにしよう、とか、いろいろ迷って、結局これになりました(笑)。軽いけど、まあ、こういうことです。昔から、ちょくちょく書いてきましたけど、まとめてみました。 ”教職協働”という言葉がぶっちゃけ…

”考えたら分かるやろ”の暴力性

昨日の話題に関連して。ずっと前から書こうと思いつつ、書けてなかった話で、懺悔です。正直、自己満足なのですが。 munyon74.hatenablog.jp 若かった頃、特に大学院に進学した頃は、授業料は免除(親の収入により)、院試の成績が悪くて奨学金は借りられず…

差別の構造を理解してもらうために考えないといけないこと

京都外大では、初年次教育として「言語と平和」という授業があります。建学の精神「言語を通して世界の平和を」を理解してもらうことを目的とし、春に「言語と平和1」というリレー講義があり、秋学期に「言語と平和2」として30名程度のクラスに分かれ、自分…

いよいよ朝早くに目が覚めるように。。。

今日はちょっとしたお話。 昔から夜型で、いつも夜遅く寝て、朝も遅く起きる、という生活だったのですが、今年に入ってから、夜遅く寝ても、朝に一度目がさめるようになってきました、、、。これがうわさのやつか。 ずっとfitbitで記録をつけているのですが…

満月の夜に

今日は満月でした。 朝は園児にいやされ、午後はゼミ面接でたくさんの学生と話をして楽しんだものの、学内、学外から、そんなことありますか、ってメールが連発。 満月の夜は感情の起伏が激しくなるそうで、なんか感情がないまぜになった1日でした。 でも、…

バスで園児にいやされる

facebookやtwitterで書いたら、任期だったので、ブログにも書いておこう。 今朝、通勤時にバスに乗っていると、途中で幼稚園児がたくさん乗ってきて、一気にほほえましい空間になった。 私は後ろに座っていたので、保育士さんは通路に立って、私の隣も含め、…

父親の命日と自分の性格

今日は父親の命日でした。2005年に亡くなったので、もう13年前ということになりますね。父親は急性骨髄性白血病で1年弱の入院生活だったのですが、当時はほとんど誰にも言わずに対応していました。ブログを見直しても当時はほとんど書いてなかったですね。若…

科研が書けん、と言うけれど、、、がんばって書きます。

「研究者 ”科研が書けん”と つぶやいて」 ともぞう 心の俳句 という秋の夜長、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 科研の学内〆切が終わったよ、という研究者も多くいらっしゃることかと思います。私のところは10/26に〆切があり、10月末にチェックできる…

立岩陽一郎氏の講演「トランプ政権を妄信する日本」を聞いて考える

京都外国語大学英米語学科・キャリア英語科講演会・公開講座で、立岩陽一郎氏の講演「トランプ政権を妄信する日本」というタイトルを聞きました。 立岩陽一郎氏は、元NHK記者で、NPO法人運営「ニュースのタネ」編集長で、MBS”ちちんぷいぷい”のコメンテータ…

おしゃれな感じが苦手なわけですが

今日、美容院で髪を染めてきました。今回は京都で。前に髪を染めてからかなりたってしまっていたのですが、先日Facebookにあげた写真で自分を見て「めっちゃ髪の毛茶色なってるやん」ということに気づきました(苦笑)。もっと鏡を見ないといけません。。。 …

おもむろにブログを書く理由

また、最近、おもむろにブログを書き始めました。 このはてなブログを設定したのが2015年でした。見直してみると、毎年、どっかの時期(1月が多いですが)で書こうと思って書いてますね。なかなか続かない感じですけど。Web日記としては、4年生だった1996年1…

仕事も情報提供も、まずはざっくりやってみる

この2ヶ月ほど、ネット関係でいろいろなことを試しているのですが、そのうちの1つに、本の紹介があります。 本の紹介は、昔からブログ形式やブクログ、読書メーターなど試してきました。それで、新たにブログも整備したのですが、ここ最近、Facebook上で本の…

面接官も試される

いよいよ入試時期となりました。入試業務にはいろいろなものがあるのですが、面接をすることもあります。 面接をしていて、いつも感じるのは「自分(面接官)も試されてるなぁ」ということです。どんな質問ができたのか、どんな回答がでてきたのか、というな…

特技はそろばん。

特技と言われたとき、その1つに”そろばん”と書くことがあります。 小2から中3まで、そろばん塾に通ってました。下町で地元のみんなが多く通っていたこと、やっぱり数字や計算が好きだったということ、そして、当時好きな子が通っていた、という不純な動機も…

九九の下敷きの思い出

秋学期は、情報数学系の「数理と論理」、SPI対策の「数的理解(短大)」という数学系の授業が2コマあって楽しんでいます。「数理と論理」では、教科書に「プログラマの数学」を使ってまして、先日、剰余の章で「987^321の一の位は」という問題を説明しました…

ご飯に誘えない男

ちょっとコラムのタイトルっぽい感じ、もしくは、こないだドラマも始まった「深夜のダメ恋図鑑」風。違うか(by ものいい)。 先日、打ち合わせがてらご飯に誘ってもらい、今日は元上司らと飲みにいきました。こんな感じで、飲み会などによく行くほうだと思…

授業するときのテンションの話

秋学期の授業も3回目となりました。先日、春学期の授業アンケートの結果も返ってきて、授業についていろいろ調整していこう、という感じです。 秋学期は数学系の授業が2コマあって(大学「情報と論理」、短大「数的理解」)、黒板に書きまくって楽しんでいる…

研究指導の際、同じことを言いますか?

研究指導をする際、1週間前にした話とか、なかなか覚えてられないですよね。自分が院生だった頃、「先生は、なんで私の研究の話、忘れてるんだろう。。。」と思っていましたが、自分が教員になったら、覚えていられない、ということが分かりました。すいませ…

感受性を高めるように試みてみよう

昔から、感情というか、感受性が乏しいよなぁ、ということが課題なんですよね。よく言われるし、自分でも気にしてます。 例えば、以前、出張で沖縄の海を見たときにテンションもあまりあがらず、ボキャブラリーも貧困、みたいなことがあって、ずいぶん言われ…