京都外大「情報社会論」で原田まりるさんにゲスト講義してもらった件(19/5/20)

5/20(月)3限「情報社会論」の授業に、ゲスト講義として、作家・哲学ナビゲーターの原田まりるさんにきていただきました。 haradamariru.amebaownd.com 「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」を読んで、学生にいいなと思って薦…

”エリート”と辞めるタイミング

丸山穂高議員についてのニュースがたくさん出ています。このブログでは、発言内容などについてはふれません。 www.huffingtonpost.jp 丸山穂高氏は大阪府堺市出身で、西大和学園高校卒業、東京大学経済学部卒業のあと、経済産業省に入省して、松下政経塾に入…

「大学の先生ってなんで単位落としたりするんですか?落としてなんかいいことあるんですか?」

昨日、元同僚のtweetが、少しバズりました。 「大学の先生ってなんで単位落としたりするんですか?落としてなんかいいことあるんですか?」という本質をつく質問をされた。 — Kosuke Kunishi 國司航佑 (@kosukekunishi) May 14, 2019 なるほど、という感じで…

授業設計では「自分が学生だったら」とは考えない。

時々、大学の教員が「今の学生はこういうのも知らない」と言っているのを聞いたり、書いているのを目にしたり、することがあります。そういう発言自体が、ブーメランで自分の授業力の問題を浮き彫りにしてしまっている、と言えるかもしれません。 日本教育工…

母の日と近鉄百貨店

今日は母の日ですね。夕方に梅田に行ったら、お花屋さんに行列ができていました。 うちは5年前に母親が亡くなっているのですが、母の日になにかしたか、って言われると、あんまり何もしなかったなぁ、、、。もうちょっとなにかしたらよかったかな、と思った…

酒井敏「京大的アホがなぜ必要か カオスな世界の生存戦略」

京大的アホがなぜ必要か カオスな世界の生存戦略 (集英社新書) 作者: 酒井敏 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2019/03/15 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 大学時代にお世話になった酒井先生@京大総合人間学部の新書。 大学に関する内容(序章…

垣谷美雨「後悔病棟」

後悔病棟 (小学館文庫) 作者: 垣谷美雨 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2017/04/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 空気を読めずに、たびたび患者に心ない言葉をかけてしまう内科の女医ルミ子が、中庭で拾った不思議な聴診器で、患者の心の声…

綿矢りさ「手のひらの京」

手のひらの京 (新潮文庫) 作者: 綿矢りさ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2019/03/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 京都を舞台にした、三姉妹の物語。しっかり者の長女は結婚に、モテる次女は社内恋愛に、理系大学院生の三女は東京への就職…

原田まりる「ぴぷる」

ぴぷる 作者: 原田まりる 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/02/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 2036年の京都を舞台にした、人型AIを妻にした男性、その人型AIを開発した女性研究者らを中心に、人間関係を描いたSFコメディ小説。 5/2…

平成もいよいよ終わりですね。

平成もいよいよ終わりですね。昭和から平成になったときは、自粛モードが続いてからの変更でしたが、今回の平成から令和へは、事前にわかった状態での変更ということで、とてもよかったですね。 私の場合、高校受験をする年に平成になったので、0歳から15歳…

流れを変える能力

先日、関西学生ソフトテニス春季リーグ(男子4部)を観戦してきました。京都大学は昨秋、4部に昇格しての戦い。1日目の3対戦を見たのですが、すべて1-4での敗戦となりました。特に1、2試合目が全て負けで、後手後手になり、ずっと沈んだ雰囲気での試合になっ…

教育に関する授業でのブーメラン?にどきどきする話

先日、大阪大学の大学院の授業「大学授業開発論Ⅱ(FFP2)」に参加してきました。大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部が行っている「大阪大学未来の大学教員養成プログラム」の授業の1つで、大学教員として教壇に立つためのトレーニングをしています。 ww…

さわぐちけいすけ「僕たちはもう帰りたい」

僕たちはもう帰りたい(ライツ社) 作者: さわぐちけいすけ 出版社/メーカー: ライツ社 発売日: 2019/03/16 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 最初、cakesの連載で読んでいたのですが、いつも心にぐさっときていました。 cakes.mu 本が出ていると…

梅渓 昇「緒方洪庵と適塾」

緒方洪庵と適塾 作者: 梅渓昇 出版社/メーカー: 大阪大学出版会 発売日: 1996/10/31 メディア: ハードカバー 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (12件) を見る 大阪大学に就職した、ということで、生協の書籍部で購入して、読んでみました。 第…

新年度に入って2週間。

新年度に入って2週間。とりあえず学内をいろいろ巡って人と会ったり、仕事をしたり、観察したり、しています。 通勤には慣れてきました。石橋駅から豊中キャンパスに歩くので、おおむね10000歩以上歩く生活です。一時期78キロまでいった体重は、73キロで安定…

着任の抱負というか、思いというか。

大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部に着任して、1週間を過ごしました。 大学院を出てから京都外大に17年間勤めていたので、中規模の私立文系単科大学から、大規模の国立総合研究大学に移ったことになります。さらに、研究科や学部の所属ではなく、機構…

大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部への着任のご報告

2019年4月より、大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部に教授として着任いたしました。4月1日に辞令交付として、労働条件通知書をいただいてきました。 教育学習支援部、全学教育推進機構、大阪大学の一員として、研究、教育、サービスに従事していきます。…

2018年度も終わりとなりました。

2018年度も終わりとなりました。 この1年、ほんとにいろいろなことがありまして、大学が変わることになるなど、転機となる1年となりました。人生を振り返ったときに2018年度はいい1年だった、と思えるように、これからもがんばっていきたいです。 40代前半、…

溝上さん@桐蔭学園の最終講義的な講演を聞いて

第25回大学教育研究フォーラム@京都大、2日目。午前の一般研究では、齋藤さん@大阪大、佐藤さん@京都産業大などの発表を聞きました。 溝上さん@桐蔭学園の特別講演「教育を捨てて教育に戻れ!-大学の授業研究からトランジションをにらんだ生徒学生の学…

第25回大学教育研究フォーラム 企画セッション「教員・学生の学びと成長を考える ―その組織的・個人的実践に向けて―」

京都大学高等教育研究開発推進センター主催の第25回大学教育研究フォーラムです。午前の一般発表が2日間とも15パラ、ポスターセッションが118件、と、とてつもなく発表数が増えてますね。。。大学のセンターがやっていますので、本当に運営は大変だと思いま…

私も、京都外国語大学を卒業しました。

昨日の京都外国語大学の卒業式で、17年間勤めた京都外大への最後の出勤日となり、私にとっても卒業式となった日でした。退勤時には、各部署にご挨拶させていただきました。 2002年に就職した際、学内外の先生から「5年は勤めてね」という感じのことを言われ…

卒業式

今日は京都外国語大学の卒業式でした。 毎年のことになりますが、ゼミの運営については、うまくできなかったこと、十分に指導できないこともありました。みんなをもっと勉強させないといけなかったな、と反省しつつ(苦笑)、ゼミ、楽しく過ごしました。あと…

吉藤オリィさんにインタビューしてきました。

CIEC(コンピュータ利用教育学会)の編集委員として、編集委員長の横川さん@神戸大と一緒に、吉藤オリィさんにインタビューをしてきました。 オリィさんとは、3年前に京都外大で開催された国際会議ICoME2016に参加していただいた際にご挨拶させていただいて…

舞台 T-works「THE Negotiation」@HEP FIVEを観てきました

松井さん@京都外大にお誘いいただき、T-works「THE Negotiation」@HEP FIVEを観てきました。 t-works-works.com T-worksは、”女優・丹下真寿美とプロデューサー・松井康人により結成されたプロデュースユニット。関西を拠点として活動している丹下真寿美の…

12年半住んだマンションから引っ越しました

2/24に12年半住んだマンションをあとにしてきました。まずは引っ越しの記録を。 年末に見積もりしてもらって引っ越し業者をアート引越センターに決め、スケジュールの確定。出す日と受ける日が2日あく、ということで、2/23、25ということに(最初は、2/25、2…

村田沙耶香「消滅世界」

消滅世界 (河出文庫) 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/08/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 知り合いに薦められて、地方入試の際に読んでみました。村田沙耶香は「コンビニ人間」を読んで、”すごくおもしろい…

昔の自分の言葉に、ぐさっとくる

先日、バイト時代の後輩と飲みに行きました。最近の仕事の話や近況から、昔の塾講師のバイト時代の話もいくらかしました。そんな中、私が言った言葉を結構覚えている、みたいなことを言われました。 「日々精進、日々努力」「気合、気持ち、根性」という、生…

ご報告(京都外国語大学の退職について)

本日のゼミで、今年度の授業が終了しました。 私、この3月で、京都外国語大学を退職することになりました。4月から、他の大学に異動することになります。 3月20日の卒業式のときに報告しようかとも思いましたが、2月、3月と異動の準備もありますし、卒業生の…

ユペチカ・西森マリー「サトコとナダ」第4巻

第4巻で最終巻。 サトコとナダ 4 (星海社COMICS) 作者: ユペチカ,西森マリー 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/12/12 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る 日本出身のサトコとサウジアラビア出身のナダが、アメリカ留学でのルームシ…

クイーンをあまり知らないけど、「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。

先日、話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。知り合いに「泣けるし、感動するから、観てみたらいいよ」と言われたこともあり、それなら行ってみるか、と思いまして。 www.foxmovies-jp.com 私は年代的にあってるんでしょうけど、洋楽もまっ…