梅渓 昇「緒方洪庵と適塾」

緒方洪庵と適塾 作者: 梅渓昇 出版社/メーカー: 大阪大学出版会 発売日: 1996/10/31 メディア: ハードカバー 購入: 1人 クリック: 12回 この商品を含むブログ (12件) を見る 大阪大学に就職した、ということで、生協の書籍部で購入して、読んでみました。 第…

新年度に入って2週間。

新年度に入って2週間。とりあえず学内をいろいろ巡って人と会ったり、仕事をしたり、観察したり、しています。 通勤には慣れてきました。石橋駅から豊中キャンパスに歩くので、おおむね10000歩以上歩く生活です。一時期78キロまでいった体重は、73キロで安定…

着任の抱負というか、思いというか。

大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部に着任して、1週間を過ごしました。 大学院を出てから京都外大に17年間勤めていたので、中規模の私立文系単科大学から、大規模の国立総合研究大学に移ったことになります。さらに、研究科や学部の所属ではなく、機構…

大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部への着任のご報告

2019年4月より、大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部に教授として着任いたしました。4月1日に辞令交付として、労働条件通知書をいただいてきました。 教育学習支援部、全学教育推進機構、大阪大学の一員として、研究、教育、サービスに従事していきます。…

2018年度も終わりとなりました。

2018年度も終わりとなりました。 この1年、ほんとにいろいろなことがありまして、大学が変わることになるなど、転機となる1年となりました。人生を振り返ったときに2018年度はいい1年だった、と思えるように、これからもがんばっていきたいです。 40代前半、…

溝上さん@桐蔭学園の最終講義的な講演を聞いて

第25回大学教育研究フォーラム@京都大、2日目。午前の一般研究では、齋藤さん@大阪大、佐藤さん@京都産業大などの発表を聞きました。 溝上さん@桐蔭学園の特別講演「教育を捨てて教育に戻れ!-大学の授業研究からトランジションをにらんだ生徒学生の学…

第25回大学教育研究フォーラム 企画セッション「教員・学生の学びと成長を考える ―その組織的・個人的実践に向けて―」

京都大学高等教育研究開発推進センター主催の第25回大学教育研究フォーラムです。午前の一般発表が2日間とも15パラ、ポスターセッションが118件、と、とてつもなく発表数が増えてますね。。。大学のセンターがやっていますので、本当に運営は大変だと思いま…

私も、京都外国語大学を卒業しました。

昨日の京都外国語大学の卒業式で、17年間勤めた京都外大への最後の出勤日となり、私にとっても卒業式となった日でした。退勤時には、各部署にご挨拶させていただきました。 2002年に就職した際、学内外の先生から「5年は勤めてね」という感じのことを言われ…

卒業式

今日は京都外国語大学の卒業式でした。 毎年のことになりますが、ゼミの運営については、うまくできなかったこと、十分に指導できないこともありました。みんなをもっと勉強させないといけなかったな、と反省しつつ(苦笑)、ゼミ、楽しく過ごしました。あと…

吉藤オリィさんにインタビューしてきました。

CIEC(コンピュータ利用教育学会)の編集委員として、編集委員長の横川さん@神戸大と一緒に、吉藤オリィさんにインタビューをしてきました。 オリィさんとは、3年前に京都外大で開催された国際会議ICoME2016に参加していただいた際にご挨拶させていただいて…

舞台 T-works「THE Negotiation」@HEP FIVEを観てきました

松井さん@京都外大にお誘いいただき、T-works「THE Negotiation」@HEP FIVEを観てきました。 t-works-works.com T-worksは、”女優・丹下真寿美とプロデューサー・松井康人により結成されたプロデュースユニット。関西を拠点として活動している丹下真寿美の…

12年半住んだマンションから引っ越しました

2/24に12年半住んだマンションをあとにしてきました。まずは引っ越しの記録を。 年末に見積もりしてもらって引っ越し業者をアート引越センターに決め、スケジュールの確定。出す日と受ける日が2日あく、ということで、2/23、25ということに(最初は、2/25、2…

村田沙耶香「消滅世界」

消滅世界 (河出文庫) 作者: 村田沙耶香 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2018/08/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 知り合いに薦められて、地方入試の際に読んでみました。村田沙耶香は「コンビニ人間」を読んで、”すごくおもしろい…

昔の自分の言葉に、ぐさっとくる

先日、バイト時代の後輩と飲みに行きました。最近の仕事の話や近況から、昔の塾講師のバイト時代の話もいくらかしました。そんな中、私が言った言葉を結構覚えている、みたいなことを言われました。 「日々精進、日々努力」「気合、気持ち、根性」という、生…

ご報告(京都外国語大学の退職について)

本日のゼミで、今年度の授業が終了しました。 私、この3月で、京都外国語大学を退職することになりました。4月から、他の大学に異動することになります。 3月20日の卒業式のときに報告しようかとも思いましたが、2月、3月と異動の準備もありますし、卒業生の…

ユペチカ・西森マリー「サトコとナダ」第4巻

第4巻で最終巻。 サトコとナダ 4 (星海社COMICS) 作者: ユペチカ,西森マリー 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/12/12 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る 日本出身のサトコとサウジアラビア出身のナダが、アメリカ留学でのルームシ…

クイーンをあまり知らないけど、「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。

先日、話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。知り合いに「泣けるし、感動するから、観てみたらいいよ」と言われたこともあり、それなら行ってみるか、と思いまして。 www.foxmovies-jp.com 私は年代的にあってるんでしょうけど、洋楽もまっ…

杉浦真由美「ナースのための伝わる・身につく教える技術」

伝わる・身につく ナースのための教える技術 (CandY Link Books) 作者: 杉浦真由美 出版社/メーカー: メディカ出版 発売日: 2018/12/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 杉浦さん@札幌医科大学による、ナースのためのインスト…

もう1回「講義の復権」の企画をやってみたい

ブログで授業ネタが続きますが、ちょっと今書きたいモードなので。 近年、アクティブ・ラーニングが話題ですが、この流れ自体は10年以上前からなんですよね。大学コンソーシアム京都のFDフォーラムで、”主体的な学び”や”グループ学習”、”プロジェクト学習”な…

今も昔も「黒板-PowerPoint論争」

昨日に続いて、数学の話から。 いろいろな大学にFD講演・研修にいくのですが、その際に”自分の授業で困っていること、工夫していることについてワークシートに書いてもらい、グループ議論をする”というワークを行うことがあります。いろいろな話題が出てくる…

私立文系大学で、数学の授業をやってきて

私は、もともと中学か高校の数学教員になるつもりでした。大学に入ってから、その方向は少しずつ変わり、結果として大学の教員になりました。 京都外国語大学という私立文系大学で、数学系の授業として、大学で「情報と論理」(昔は「情報数学」)、短大で「…

ストレッチボードとダイエット

40代になってダイエットしないとなぁ、と言いながら、なかなか痩せられませんでした。若い時は太れなかったのに、まさかこんなふうになるとはねぇ。いくらか前に体重の最高値(78.5kg)を記録してしまっていたのですが(京都外大に就職してから20kg以上増)…

断捨離しますよ

昨年末から少しずつ断捨離を進めています。いろいろ整理していかないといけないのですが、まずはモノですね。 正月に、若手研究者の家に2軒お招きいただいたのですが、どちらもとてもいい感じの家だったんですよね。今、私の家に正直誰か呼ぶことは難しい。…

京都外大新年会で「一月一日」を歌う。

京都外大での仕事始め。研究関係の事務仕事。ミスってたものがあったので、謝りつつ、処理してもらう。 新年会。理事長の年頭の辞など。「一月一日」を斉唱する。”とーしのはーじめの、ためしーとてー”。17年目になりますが、どうしてもかくし芸大会を思い浮…

ゴルフの初ラウンドに行ってきました!

11月に、Facebookとブログに、ゴルフを習い始めた、と書きました。そうしたら、中学の同級生から「1月3日に同級生でゴルフやるから、行こうぜ」と誘ってもらいました。正直、1ヶ月でなんとかなるのかな、、、と心配していたのですが、年末に3回レッスンに行…

やさしくありたい、と思うこと。

昨年末、いろいろな人に報告することがありました。多くは喜んでもらってうれしかったのですが、その際に「やさしすぎるんですよ」と言われることもありました。今回のことに限らず、よく「やさしい」と言ってもらえることがあります。とてもありがたいこと…

梶谷真司「考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門」

考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書) 作者: 梶谷真司 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/09/27 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 梶谷先生は、京都大の人間・環境学研究科の先輩にあたります(分野は全…

2019年、はじまりました!

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。 今年は変化の年になりそうです。そのような中、気持ちを新たにして、いろいろなことに挑戦していきたいと思います。 そして、変わっていくこと、変わらないこと、それぞれ大事にしていきたい…

2018年もおしまいですね

2018年も残りわずかとなりました。今年で45歳になり、落ち着いていくかな、と思っていたのですが、むしろ逆で、いいことも、悪いことも、予期せぬことも含めて、いろいろなことがありました。 そんな中、楽しいこともたくさんありましたし、多くの人に支えら…

タイミングをよくしていこう

昔からタイミングが悪いなぁ、と思うことがよくあります。だいたいの場合、考えすぎたり、慎重にいきすぎたりしてしまって、結局、行動が遅れてしまい、よくない結果になってしまう、ということが多い感じです。この間もそんな感じで失敗したな、と。まだわ…