ご報告(京都外国語大学の退職について)

本日のゼミで、今年度の授業が終了しました。 私、この3月で、京都外国語大学を退職することになりました。4月から、他の大学に異動することになります。 3月20日の卒業式のときに報告しようかとも思いましたが、2月、3月と異動の準備もありますし、卒業生の…

ユペチカ・西森マリー「サトコとナダ」第4巻

第4巻で最終巻。 サトコとナダ 4 (星海社COMICS) 作者: ユペチカ,西森マリー 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/12/12 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る 日本出身のサトコとサウジアラビア出身のナダが、アメリカ留学でのルームシ…

クイーンをあまり知らないけど、「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。

先日、話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。知り合いに「泣けるし、感動するから、観てみたらいいよ」と言われたこともあり、それなら行ってみるか、と思いまして。 www.foxmovies-jp.com 私は年代的にあってるんでしょうけど、洋楽もまっ…

杉浦真由美「ナースのための伝わる・身につく教える技術」

伝わる・身につく ナースのための教える技術 (CandY Link Books) 作者: 杉浦真由美 出版社/メーカー: メディカ出版 発売日: 2018/12/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 杉浦さん@札幌医科大学による、ナースのためのインスト…

もう1回「講義の復権」の企画をやってみたい

ブログで授業ネタが続きますが、ちょっと今書きたいモードなので。 近年、アクティブ・ラーニングが話題ですが、この流れ自体は10年以上前からなんですよね。大学コンソーシアム京都のFDフォーラムで、”主体的な学び”や”グループ学習”、”プロジェクト学習”な…

今も昔も「黒板-PowerPoint論争」

昨日に続いて、数学の話から。 いろいろな大学にFD講演・研修にいくのですが、その際に”自分の授業で困っていること、工夫していることについてワークシートに書いてもらい、グループ議論をする”というワークを行うことがあります。いろいろな話題が出てくる…

私立文系大学で、数学の授業をやってきて

私は、もともと中学か高校の数学教員になるつもりでした。大学に入ってから、その方向は少しずつ変わり、結果として大学の教員になりました。 京都外国語大学という私立文系大学で、数学系の授業として、大学で「情報と論理」(昔は「情報数学」)、短大で「…

ストレッチボードとダイエット

40代になってダイエットしないとなぁ、と言いながら、なかなか痩せられませんでした。若い時は太れなかったのに、まさかこんなふうになるとはねぇ。いくらか前に体重の最高値(78.5kg)を記録してしまっていたのですが(京都外大に就職してから20kg以上増)…

断捨離しますよ

昨年末から少しずつ断捨離を進めています。いろいろ整理していかないといけないのですが、まずはモノですね。 正月に、若手研究者の家に2軒お招きいただいたのですが、どちらもとてもいい感じの家だったんですよね。今、私の家に正直誰か呼ぶことは難しい。…

京都外大新年会で「一月一日」を歌う。

京都外大での仕事始め。研究関係の事務仕事。ミスってたものがあったので、謝りつつ、処理してもらう。 新年会。理事長の年頭の辞など。「一月一日」を斉唱する。”とーしのはーじめの、ためしーとてー”。17年目になりますが、どうしてもかくし芸大会を思い浮…

ゴルフの初ラウンドに行ってきました!

11月に、Facebookとブログに、ゴルフを習い始めた、と書きました。そうしたら、中学の同級生から「1月3日に同級生でゴルフやるから、行こうぜ」と誘ってもらいました。正直、1ヶ月でなんとかなるのかな、、、と心配していたのですが、年末に3回レッスンに行…

やさしくありたい、と思うこと。

昨年末、いろいろな人に報告することがありました。多くは喜んでもらってうれしかったのですが、その際に「やさしすぎるんですよ」と言われることもありました。今回のことに限らず、よく「やさしい」と言ってもらえることがあります。とてもありがたいこと…

梶谷真司「考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門」

考えるとはどういうことか 0歳から100歳までの哲学入門 (幻冬舎新書) 作者: 梶谷真司 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2018/09/27 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 梶谷先生は、京都大の人間・環境学研究科の先輩にあたります(分野は全…

2019年、はじまりました!

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。 今年は変化の年になりそうです。そのような中、気持ちを新たにして、いろいろなことに挑戦していきたいと思います。 そして、変わっていくこと、変わらないこと、それぞれ大事にしていきたい…

2018年もおしまいですね

2018年も残りわずかとなりました。今年で45歳になり、落ち着いていくかな、と思っていたのですが、むしろ逆で、いいことも、悪いことも、予期せぬことも含めて、いろいろなことがありました。 そんな中、楽しいこともたくさんありましたし、多くの人に支えら…

タイミングをよくしていこう

昔からタイミングが悪いなぁ、と思うことがよくあります。だいたいの場合、考えすぎたり、慎重にいきすぎたりしてしまって、結局、行動が遅れてしまい、よくない結果になってしまう、ということが多い感じです。この間もそんな感じで失敗したな、と。まだわ…

実家を売却しました

いくらか前になりますが、実家を売却しました。 昔からある(たぶん大正時代)六軒長屋の真ん中で、長らく誰も住んでないので、たまに行くものの、ずいぶん老朽化してしまっていました。 正直、どうしようかな、と迷っていたのですが、もともとも狭い家で住…

アイスクリスマスケーキの思い出

なぜか、ふと思い出した。我が家のクリスマスといえば、アイスケーキだったことを。 我が家ではこれといってクリスマスのお祝いをすることはなかったのですが、父親がタクシーの運転手で、毎年会社からアイスケーキをもらって帰ってくるのでした。なぜタクシ…

サンタの存在を、ピンボールと商店街で知ったお話。

クリスマスイブですねー。みなさんの投稿やネットのエッセイ(noteなど)を読んでいると、クリスマスプレゼントの準備をする話(子どもに隠す話)とともに、「いつサンタの存在を知ったか?」という話題をちょくちょく見ます。 私の場合は、小学1年か2年の時…

思ったより泣けない男

今日は、母親の命日でした。4年になります。早いなぁ。 前から気になっていたことが1つあって、実のところ、両親が亡くなった時やその後に、全く泣いてないんです。もともとドライで感情の起伏も少ない方だし、どちらも病気で入院していて突然ではなかったの…

「プロって何?」とその難しさ

ゼミでは、卒論をはじめ、いろいろなテーマについて議論することになります。その中で、特に昨年、今年と話題になるのが「プロって何?」「職業としてなりたつのか」ということ、です。 たとえば、ゲーマー、声優、漫画家、ミュージシャン、小説家、などなど…

M-1グランプリ2018 面白かったですね

M-1グランプリ2018、堪能しました。毎年のことですが、ほんとにすごいな、と思います。 www.m-1gp.com 決勝の3組はどこもらしいネタで面白かったですが、霜降り明星が勢いにのって優勝しました。個人的には和牛かなぁ、と思ったですけどね。和牛の2本目のネ…

藤原辰史「給食の歴史」

「たつきち、また本買いたってよ」 ということで、京都大学ソフトテニス部&総合人間学部の後輩である、たつこと、藤原辰史くん@京都大が岩波新書「給食の歴史」という本を出してました。 給食の歴史 (岩波新書) 作者: 藤原辰史 出版社/メーカー: 岩波書店 …

自分が変える、自分を変える

いろいろな人と話をしたり、本を読んだりしていると、”社会を変える”、”組織を変える”といったことが話題になります。 かくいう私も、少しでも世の中のためになりたい、と思っていて、教育や研究という仕事、イベント運営、情報発信みたいなことで、少しでも…

ゴルフはじめました。大人になっての習い事、生徒の立場になってみる。

おもむろですが、ゴルフはじめました。 昔からゴルフやりたいな、と思いつつ、結局、やらないままだったのですが、運動不足ということが1つの理由。あと、ストレス発散にもなりますよね。 そして、普段教える仕事をしていて、45歳という年齢になり、人に教え…

釜ヶ崎芸術大学で「けんきゅうのつくりかた」をやってきました

釜ヶ崎芸術大学で「けんきゅうのつくりかた」をやってきました。 ココルームでプロジェクタは違うな、と思ったので、スライドをカラー印刷してB4に拡大し、画用紙に貼り付けて、紙芝居形式で話題提供しました。前、ココルームに行った時に、紙芝居があって聞…

大森昭夫、成田秀夫、山本啓一、吉村充功 「今選ぶなら、地方小規模私立大学! ~偏差値による進路選択からの脱却~」

今選ぶなら、地方小規模私立大学! ~偏差値による進路選択からの脱却~ 作者: 大森昭生,成田秀夫,山本啓一,吉村充功,高見大介 出版社/メーカー: レゾンクリエイト 発売日: 2018/10/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 編者のみなさんで立ち上げら…

右に知り合いはいい、知らない人はいや、っていう不思議

個人的なこだわりの話。今日の行き帰りでちょっとストレスだったので、書いてみます。 私は、座席を選ぶ時に・1人だと、できれば右端に座りたい・知らない人には、右に座ってほしくない・知り合いなら、右に座っても大丈夫(というか、そちらのほうが話しや…

ルールをつくること、守ること

この年齢になると、学内外でいろいろなルール(規程など)について意見を求められる機会、そして、ルールそのものを作る機会が出てきます。自分がそういう仕事をすることになるとは思っていなかったので、いろいろ調べながら進めています。 大学教員だから、…

曽和利光「人事と採用のセオリー 成長企業に共通する組織運営の原理と原則」

人事と採用のセオリー 成長企業に共通する組織運営の原理と原則 作者: 曽和利光 出版社/メーカー: ソシム 発売日: 2018/10/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 知り合いのみなさんがすごくいいとFacebookなどで書いてあったので、読んでみまし…