読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原田まりる「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた」

読書記録

 京都在住の17歳の女子高生が失恋をきっかけに縁切り神社でお祈りしたら、ニーチェスマホゲームの開発者でオタク風)が現れて、日常生活を題材に哲学のあれこれを教えてくれる、という、ライトノベル風哲学入門書。

 カリスマ読者モデルのキルケゴール、カフェの店長ショーペンハウアーをはじめ、サルトルハイデガーヤスパースワーグナーなどなど、個性あふれる登場人物が出てきて、その辺も興味深いです。基本的には近代哲学になりますかね。

主人公がtwitterの名言botで「祝福できないならば呪うことを学べ -ニーチェ-」を見る、キルケゴールtwitterなどでコーディネートを発信するなど、スマホSNSなどもふんだんに出てきますし、京都のいろいろな場所も出てきて、小説としても面白いのではないかな、と思います。現代版「ソフィーの世界」という感じかな。

中学生、高校生(大学生にも)お薦めしやすい哲学入門書じゃないかな、と思います。これをきっかけにいろんな本を読んでもらえるといいですね。

原田まりるさんは、元アイドル、ということですが、前著も大変興味深く、わかりやすく表現できる人なんだろうな、と思います。また紹介できたらいいな、と思います。

 

私の体を鞭打つ言葉

私の体を鞭打つ言葉

 

 

ソフィーの世界

ソフィーの世界