読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【お知らせ】 1/12 Edu-Lab Meeting「創ることを促す大学教育のデザイン」@京都外大

お知らせ

2017年1月12日(木)の18時~20時に京都外国語大学にて、Edu-Lab Meeting「創ることを促す大学教育のデザイン」を開催します。

今回は、元木さん@京大、大崎さん@産業技術大学院大学をお招きして話題提供していただきます。

Edu-Lab Meetingは、学びにあふれた社会をめざし、フォーマル学習/インフォーマル学習を架橋する実践/研究について議論する研究会です。どなたでも参加いただけます。参加費無料です。ふるってご参加ください。

-------
開催日時:2017年1月12日(木)18時~20時
開催場所:京都外国語大学 1号館 163教室

◆話題提供1:「研究を伝えるデザイン“アカデミック・ビジュアリゼーション”の恊創に求められる制作者スキルの考察」
(元木環:京都大学情報環境機構・学術情報メディアセンター助教

◆話題提供2:「“よい”ものづくりを支える学習環境デザイン」
(大﨑理乃:産業技術大学院大学情報アーキテクチャ専攻助教

◆ゲストプロフィール
●元木環
京都大学情報環境機構・学術情報メディアセンター助教大阪芸術大学芸術計画学科卒業。京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程単位取得退学。京都大学学術情報メディアセンターコンテンツ作成室にて学術コンテンツの作成に従事したことをきっかけに、学術研究・教育機関におけるコミュニケーションや課題解決のための視覚的な表現のあり方とそのデザインプロセスに関心を持ち、実践と研究を行っている。2015年より一般社団法人社会対話技術研究所に参画。理事。

●大﨑理乃
産業技術大学院大学情報アーキテクチャ専攻助教埼玉大学教育学部(技術専修)卒業。信州大学大学院工学系研究科修士課程修了。大学卒業後、自動車機器の生産技術エンジニア、鳥取大学大学院工学研究科特命助教岡山大学高等教育開発推進室助教を経て現職。もの・ことの創造支援に関心があり、エンジニアリング・デザイン教育とSTEM教育を中心に、学習科学の知見をいかした学習環境デザインに取り組んでいる。主な論文に「CSCLを用いたディスカッションの可視化によるものづくり型PBLにおけるチームワークスキル教育の実践」(共著、教育システム情報学会、2015年)などがある。

◆申し込み方法
・氏名
・所属
・連絡先
・どこで情報を入手されたか
を、件名「Edu-Lab Meeting 申し込み」として下記アドレスにお送りください。

edulab.meeting【アット】gmail.com
(【アット】を@に変換して送信してください。)

◆企画:森玲奈(帝京大学)+村上正行(京都外国語大学

f:id:munyon74:20170105174513j:plain