科研が書けん、と言うけれど、、、がんばって書きます。

「研究者 ”科研が書けん”と つぶやいて」 ともぞう 心の俳句

という秋の夜長、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

科研の学内〆切が終わったよ、という研究者も多くいらっしゃることかと思います。私のところは10/26に〆切があり、10月末にチェックできるという感じで遅めの大学になります。ということで、私は分担のものから関わっている、という感じです。

科研費というのは、科学研究費補助金の略で「人文・社会科学から自然科学まであらゆる分野における優れた独創的・先駆的な研究を格段に発展させることを目的とする研究助成費で、大学等の研究者又は研究者グループが自由な発想に基づき計画する基礎的な研究のうち、学術上特に重要なものを取り上げ助成する我が国の代表的な競争的研究費である。」(文部科学省)とあります。

研究計画などの書類を合計15ページ程度書いて、研究費をもらえるようにアピールするものです。だいたい30%ほどの申請が採択されます。

この時期になれば、研究費を確保するために、自分が中心となって研究計画を進める代表(個人、グループ)、グループのメンバーに入る分担、いろいろな研究計画にかかわります。この作業があるおかげで、研究計画を考えたり、グループで議論したり、予算の算段をしたりするきっかけとなります。

また、先日の教育システム情報学会の全国大会でもお話したのですが、広い分野の研究者に研究を理解してもらえるように意識して申請書を書くことが大事で、それはひいてはアウトリーチ活動にもつながっていくようにするべきだ、と考えています。

munyon74.hatenablog.jp

その一方で、授業などの日常業務の中で申請書を作成しないといけないため、忙しくなります。だからこそ「科研が書けん」などと言いたくなってしまうわけですね(苦笑)。

また、大学から安定してもらえる研究費が少なくなってきているため、科研費のような競争的資金を確保しないと、研究を行うこと自体が難しくなってきている、という問題があります。今は競争的資金の割合が増えて、研究の論文ではなく、しょっちゅう作文を書いています。「選択と競争」というと聞こえはいいですが、研究の場合、必ず成果が出ると限ったわけではありませんので、絶対に研究費を確保したい、となると、それようのテーマになってしまい、新しいものやとんがったものが出てきにくくなります。また、作文がうまいもの勝ち、といった側面も出てきます。

研究費に限った話ではないのですが、「選択と競争」の発想をもう少しゆるめて、落ち着いて使えるようになるといいな、と思っています。もちろん、そのためには、研究者がきちんと研究に関する発信をしていく必要があります。研究費として税金を使わせてもらっていることへの責任、恩返しをしていく意識(研究内容で直接恩返しする必要はない)が大事だな、と思います。

そんなことを思いながら、これから申請書を書いていきますです、はい。

 

 

 

 

 

立岩陽一郎氏の講演「トランプ政権を妄信する日本」を聞いて考える

京都外国語大学英米語学科・キャリア英語科講演会・公開講座で、立岩陽一郎氏の講演「トランプ政権を妄信する日本」というタイトルを聞きました。

立岩陽一郎氏は、元NHK記者で、NPO法人運営「ニュースのタネ」編集長で、MBSちちんぷいぷい”のコメンテーターを務められています。ちなみに、スペイン語学科の立岩礼子先生の弟さんなんですよね。

f:id:munyon74:20181020113339j:plain

お話を伺って、まずは、演説やインタビュー記事などから理解できるトランプ氏の人となりの話(立岩氏の推測)を聞いて、やっぱりそうなのかぁ、と思いました。ちょうど昨日から吉見先生の「トランプのアメリカに住む」(岩波新書)を読みはじめたところだったので、なおのことですね。

 

トランプのアメリカに住む (岩波新書)
 

 

原文や一次資料にあたること、そこから理解できることは多数ある、ということを強調されていて、改めて重要性を認識しました。読解力とともに理解力、というか論理的に推測する力、が大事だな、と思います。

インターネットが普及して多くの文章が流布するようになり、その文章の大半は英語である、ということから、英語を読む力の有用性が格段にあがっている、という指摘もありました。学生には、会話力だけではなく読解力、特に小説だけじゃなく、論説文などを読むようにしてほしいな、と思います。まあ、私も英語もっと読まないとだけど。。。

個人的には、立岩さんが、インターネットへの期待が強いんだな、というのが印象的でした。ここ数年、ネットでは、ヘイトやデマ、フェイクニュース、炎上などネガティブな事象が増えてきていて、私のようなネットに親和性の高いタイプでも00年代後半のようなポジティブな気持ちはなかなか持ちにくくなっています。

ただ、それでも、ネットがもつ力、というのは大きいですし、ジャーナリズムを変えるツールになりえるというのは同意なので、少しでもポジティブに考えてできるといいな、と思います。

ジャーナリズムに関するマインドというか、社会問題の理解や批評は、ジャーナリストだけではなく、広く一般市民が持つべきだと思うので、学生、教職員ともども、これからも学んでいければいきたいと思います。

 

おしゃれな感じが苦手なわけですが

今日、美容院で髪を染めてきました。今回は京都で。前に髪を染めてからかなりたってしまっていたのですが、先日Facebookにあげた写真で自分を見て「めっちゃ髪の毛茶色なってるやん」ということに気づきました(苦笑)。もっと鏡を見ないといけません。。。

今回、知り合いに紹介してもらったところで、共通の知り合いの話をきっかけに、美容師さんともいろいろお話しました。実のところ、美容師とか店員などと話すのが苦手なんですよね。。。普段、あれだけしゃべってるのに。

まだ美容院にも慣れないし、おしゃれな服、ちょっといい服を買ったりするのにも慣れない。おしゃれなことに対しては「かっこよくないから」といった自虐ネタで対応することもしばしばです。なんか「私がおしゃれなことするなんて」みたいな意識をもってしまうんですよね。自意識過剰はなはだしい。あと、おしゃれな空間も苦手だし、言葉もついつい言い換えてしまったりします。実際「カフェ」っていう言葉も言いにくいです(苦笑)。

他人には、いろんなことに対して「そんなこと気にすることないでー」なんていってるのにね。ブーメラン。

おしゃれなこと(いや、みんなからみれば全然大したことない範囲でしょうけど)にも、ちょっとずつ慣れていくか、、、ってちょっと思った今日このごろでした。

 

おもむろにブログを書く理由

また、最近、おもむろにブログを書き始めました。

このはてなブログを設定したのが2015年でした。見直してみると、毎年、どっかの時期(1月が多いですが)で書こうと思って書いてますね。なかなか続かない感じですけど。
Web日記としては、4年生だった1996年10月31日が1回目でした。当時はホームページがではじめた頃で更新するコンテンツがあまりなく、Webで日記を書いたら、という感じで広まっていた感じでしたね。今見たら、11/1にいきなり「本日寝坊のため、1コマ出席できず。やばい~。卒業が~。」って書いていて、ただただ恥ずかしい、、、申し訳ない、、、という感じです(汗)。いろいろ因果応報だな、と改めて思いました。

とぎれながらも書いてきたのですが、昔から記録の意味合いが強く、おおむねWeb日記、という感じでした。SNSが普及して、twitterにいろいろなことを書き、今ではFacebookに日記的なことを書くようになり、記録的なことも含め、ブログを書かなくなりました。

それで、普段考えていることをきちんと書いたほうがいいな、と。実際、振り返りが大事、とかいいながら、自分のことを振り返ってないな、向き合ってないな、と思ったのです。いや、これは昔から時々言われてきたことで、私の弱いところでもあるな、と。この間、他の研究者のブログを紹介した職員から「すごくいいです!」と言われて、その流れでブログについて話していた時に、改めて自分で書くということの重要性を感じました。

先日、「ライフデザインワークショップ」に参加して、人生についても、いろいろなことを考えることができるんだな、と。こういうことも書いていければいいんだな、と思いました。 

munyon74.hatenablog.jp

 

あと、文章を書くリハビリ、という意図もあります。40代前半、いろいろな理由から、文章を書けてきませんでした。実のところ、もともと昔から長い文章を書くのが得意ではなく、最近はずっとだましだましやってきたところがあります。40代後半はちゃんと文章をかけるようにしていきたい、と思っています。

45歳になった区切りとして、いい機会にしていきたい、と思っています。といいながら、また止まるかもしれないけど。まあ、あまり肩肘はらずにやりますかね。

 

munyon74.hatenablog.jp

仕事も情報提供も、まずはざっくりやってみる

この2ヶ月ほど、ネット関係でいろいろなことを試しているのですが、そのうちの1つに、本の紹介があります。

本の紹介は、昔からブログ形式やブクログ読書メーターなど試してきました。それで、新たにブログも整備したのですが、ここ最近、Facebook上で本の写真に少し紹介書いてアップする方式をやってみたところ、コメントやいいねなどの反応がすごくよくて、びっくりしています。

”ざっくりという感じ”がいいのでは、という指摘をもらいました。なるほど、たしかに。

ついつい詳細に紹介したほうがいい、と思いがちですが、まずは”ざっくり”とした情報を提供したほうが、読み手にはいいですよね。興味があれば、実際に調べて、買ってみればいいわけですもんね。

これは、よく言われることではありますが、仕事についてもあてはまりますよね。完璧にしたほうがいいと思って時間をかけたり、思ったようにできないなぁ、といらいらしたりすることは、この歳になってもよくあります。ボトムアップで細かくやりすぎると完成まで時間がかかりますし、その方向がいまいちだった時に修正にも手間がかかります。

まずはざっくりやってみて、大きな方向性としていけそうかなぁ、と考えることが重要ですよね。研究相談や論文相談なんかも、完成形じゃなくてもいいので、まずは大まかな形を示してもらって考えていったほうがいいこと多いです。完成形を作らないと、と思ってぎりぎりまで見せられず、結果として大変になる、っていうこともよくあります。

 ”完璧な仕事”ってどこまでいけば”完璧”になるのか、難しいですよね。昔、私も完璧主義なところがあったのですが、ある程度あきらめると言うか、わりきりも大事だな、と思うようになりました。まあ、それでも仕事が追いついてないこともありますけどね。。。

”完璧”ではなく、まずは”ざっくり”。自戒も込めて(汗)、書いてみました。

面接官も試される

いよいよ入試時期となりました。入試業務にはいろいろなものがあるのですが、面接をすることもあります。

面接をしていて、いつも感じるのは「自分(面接官)も試されてるなぁ」ということです。どんな質問ができたのか、どんな回答がでてきたのか、というなどで、いろいろ考えます。インタビュー調査などではないので、当然あまりいろんなことはできないのですが、入試という制約条件の中で、最適な対応とはどんなものだったのか、ということを考えます。

企業の採用に関わる面接でも、面接官は試されているはずです。以前、京都外大の宿泊FDで服部さん@神戸大に講演していただいたことを思い出しました。「採用学」という著書を出されていますが、採用面接も、採用された社員の入社後の活躍で評価されるとなると、試されることになりますよね。この本では「採用面接の評価と入社後の社員のパフォーマンスにそれほど相関がない」ということでした。

 

munyon74.hatenablog.jp

 

採用学 (新潮選書)

採用学 (新潮選書)

 

これからも大学入試が続きます。受験生のみなさんが、自分の力を発揮できることを願っています。

 

特技はそろばん。

特技と言われたとき、その1つに”そろばん”と書くことがあります。

小2から中3まで、そろばん塾に通ってました。下町で地元のみんなが多く通っていたこと、やっぱり数字や計算が好きだったということ、そして、当時好きな子が通っていた、という不純な動機もあったりして、長く通っていました。

下町のそろばん塾だからか、先輩でひょうきんな男子、しっかり者の男子、ちょっと不良っぽい女子なんかもいました。不良っぽいけど私達の面倒を見てくれたりしてましたね。

そんな先輩の中で、小学校、中学校の2つ上の先輩である芸人の飛石連休藤井ペイジさんがいます。いま、気象予報士の資格と子育て中であることを駆使して、YouTubeでお天気解説をしています。よかったら、ぜひ登録してください。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

先生はおばちゃん(というか、おばあちゃん?)で、こわい感じでよく怒られていた気がしますけど、たまにやさしくて、今思えば面倒見のいい人だったです。

実務検定なるものの受験もあって、みんなは2級までで終わりだったのですが、私はめずらしく小6で1級に合格しました。小5、小6の時に商業高校の女子にまざって受験したので、女子高生にいじられたのをおぼえてます(笑)。小6で年金計算とかやってわけで、なんとも年寄りじみた感じではありますね。

ものすごくうまかった、というわけでもないのですが、珠算は初段、暗算は二段までいきました。乗算、除算は三段くらいまで、除暗算は四段まで行ったと思うのですが、見取り算、伝票算、見取暗算が苦手で(2年間で全部揃わないとだめ)。いま、伝票算は廃止みたいですね。まあ、もうあんまり使わないだろうしなぁ。

 

www.youtube.com

そろばん塾に通ったおかげで計算が早くできるので、とても便利です。もし、子どもができたら、そろばん塾に通わせたいなぁ、とは思います。