親の写真を撮っておくと、いいですよ。

夏休み、そして、お盆でしたね。うちでは特に集まることをしないのですが、親のことを少し思い出しました。

父親は1年間の闘病の末、13年前に白血病で亡くなり、父親が入院したころから母親は認知症となり、9年間介護をして、4年前に亡くなりました。そういう意味では、私の30代は両親の看病や介護に関わってきたのかな、と思います。他の同世代より少し早かったなぁ、と思いつつ、なにかの役に立つかなと思い、いろいろ書いておくようにしてきました。最近Facebookなどで介護の話をちらほら見るようになったのですが、リアルタイムじゃなくなるとなかなか書く機会がなかったので、また介護の経験などを知りたい人にいろいろ提供できるといいな、と思います。

母親を介護していく中で、最後の方ですが、老人ホームにいくたびに2人で写真を撮るようにしました。これ、みなさんにもお薦めしたいです。若者は自撮りをさくっとしますけど、私達おっさん世代は、普段自分たちの写真を撮る、ということをあまりしないですよね。だから意識的に撮ったほうがいいよね、と。

今になってですが、親の写真とかもっと撮っておけばよかったなぁ、と思います。お子さんがいる家庭は写真を撮る機会が多いのかな、って思いますが、私のように独り身だとなかなかそうならないですしね。まあ、若いときは実家に帰ること自体、めんどくさくて嫌でしたけどね(笑)。

撮り始めたのが認知症もかなり進んでいた時期なので、おふくろはスマホに映る自分が不思議そうで、スマホをいっぱい触ってました(笑)。ある意味、子どもみたいな感じだったのかもね。この写真は4年ほど前で、亡くなる半年くらい前。

f:id:munyon74:20180819174521j:plain

このとき、Facebookには「あいかわらずヘルパーさんたちにはよくしてもらっているようで、特にお気に入りのヘルパーさんが近くを通るとごきげんです。わかりやすい。」って書いてありました。ほほう。

www.facebook.com

おふくろ、あんまりお金もない家で結構苦労して、はやく認知症になって、どういう人生だったんやろ、って介護していく中で思うことが結構ありましたけど、まあ、幸せだったかな。

京都文化力プロジェクト総合監修者事業検討会、キックオフ

7/3のお話。

大学に行って、事務作業して、昼休みには西野亮廣講演会のチケット販売。学生らにまかせて移動。

午後、京都文化力プロジェクト総合監修者事業検討会@京都大学

「京都文化力プロジェクト」は、”2020年東京オリンピックパラリンピック競技大会等を契機として、日本の文化首都・京都を舞台に行われる文化と芸術の祭典”ということです。京都府京都市が中心となって運営されています。

culture-project.kyoto

連携事業としては、私の知り合いの方々も関わっておられるICOM2019(国際博物館会議京都大会)などがあるようです。

私は、実行委員会事業として2020年度に実施するイベントについて、総合監修者である山際総長@京都大学のもとで考えていく、という委員会のメンバーになった、ということな模様。

実際は、先日、宮野さん@京都大からメッセンジャーで「こういうことに関わってるから、おもろいことやりましょうや」的な話がやってきて、私でいいのか、と思いつつ、「じゃあ、やりましょか」って返した、っていうことです(笑)。事前資料では宮野節炸裂、でしたけどね。

メンバーに佐藤さん@京都産業大がいて、びっくり(笑)。そんなつながりがあったとは。他には、宮島さん@京都大、呉さん@union.a、電通京都府京都市の職員、というメンバー構成。

2時間半、みっちり議論しました。事前資料はもらっていたとはいえ、全然見えてない状況で参加したのですが、宮野さんの仕切りのもと、とてもいいテンポで議論でき、すごく心地よかったです。いろんな会議もこんなふうにできればいいのに(笑)。

私は「探偵ナイトスクープ」「よ~いドン!」「ちちんぷいぷい」などの関西ローカルを中心に、「激レアさんを連れてきた。」「アメトーーク!」などのテレビ番組の知識やお笑いの話なども事例として出しながら意見することが多かったです。”ガオーさん”が一部の人に劇的に刺さって面白かったです(ちゃんと議論したんか、って思われそうですけど、そこは大丈夫ですよ)。

終了後に「忙しいと思うのですが、いつそんなにテレビとか見てるのですか?」と聞かれました。よく聞かれてるんですよね(笑)。まあ、休憩でもあり、仕事に使えないかな、と分析しながら見ているので、そこはもう職業病ですかね。

少しでも役に立てるといいな、と思いますし、京都外大の名前を売れる機会になれば、と思ってます。これからも楽しんで取り組んでいきたいと思います。

f:id:munyon74:20180704030410j:plain



6/20 京都外大「情報社会論」で宇野常寛さんに授業してもらった件

6/20の京都外大「情報社会論」で、宇野常寛さんにゲスト講義に来ていただきました。

twitter.com

 

若い読者のためのサブカルチャー論講義録

若い読者のためのサブカルチャー論講義録

 

 

10年前にゼミの学生から教えてもらったがきっかけで、その後、著書を読むようになりました。今回、大学で直接お話を聞ける機会ができてよかったです。外部を含めて100名くらいの参加者となりました。

自己紹介では、右京区に住んでいたということ(立命館出身)で、京都ファミリーモスバーガー(数年前になくなりましたが)で買い物していた、という話を。

今回「文化批評としての情報社会論」というタイトルで、3つのキーワードについてお話いただきました。

・「他人の物語」から「自分の物語」へ
・「政治と文学」から「市場とゲーム」へ
・「境界のある世界」から「境界のない世界」へ

1点目は、「情報」から「体験」へ、”他人の物語”から”自分の物語”が文化の中心になっている、というお話。CDは売れないがフェスの動員は伸びている、ということはよくいいますが、カラオケなどが普及した結果、同性の曲を聞く傾向が増えている、”SNSリア充自慢”も、広義のイベント、体験、といったことを例として紹介されました。

2点目は、「私」と「公」、「個人」と「世界」のお話。20世紀前半の映像などの発展で「私」と「公」の接続が可能になったものの、独裁主義などの問題が生じ、20世紀後半は、マスコミの政治権力からの独立が進んだが、マスコミが肥大しすぎてポピュリズムが進んでしまった。そして、21世紀前半、インターネットの登場でポピュリズムを克服しようとするが、Twitterポピュリズムフェイクニュースなどが跋扈してしまった、というお話。

3点目は、グローバル/情報化の影響で、国内の格差は広がったが、世界的な格差は縮まったということ、グローバルと国家、都市、企業の関係をどう考えるか、プラットフォームと多様性といったお話。

Togetterのまとめは、こちら。

togetter.com

2点目、3点目は授業ではなかなかまとめて話したことが内容だったので、学生にとってすごくいい機会になったと思います。学生にはちょっと難しかったことも多かったようですが、もっと勉強しないと、と感じてくれたようで、よかったです。

なにより私が一番楽しく聞かせていただきました(笑)。共感するところも多かったですし、宇野さんには私にはない鋭さがあって、すごいな、と思いました。

今後もなにか一緒にできることがあればいいな、って思います。

 

f:id:munyon74:20180701135617j:plain f:id:munyon74:20180701135700j:plain

 

なぜ、京都外大で西野亮廣さんの講演会を開催するのか?

久々のブログ更新になりました。

7/17に京都外大で、西野亮廣さんの講演会を開催します。

学生に企画・運営をしてもらっています。そこで作成したブログのリンクを紹介します。よかったら、お読みください。

 

nisinoakihirokouenkai.hatenablog.com

学生はスマホでほぼほぼ事足りる パソコン使う文脈大事

急に短歌風なタイトルになった(笑)。

時々、話題になる、こういったニュース。

headlines.yahoo.co.jp

今年だと、うちのゼミ生の3人くらいはスマホで書いてましたね。文章入力はスマホでして、統合、編集はパソコンかタブレットでする、という感じでした。スマホのほうが断然入力が早いから、という理由ですね。最初はびっくりしましたが、だいぶ慣れました。

今年も、初年次教育(1年生対象)のグループプレゼンの授業(「言語と平和2」)を、パソコン教室でやっていたのですが、グループに分かれて調べ物をするときに、前にパソコンあるのにスマホで調べる、っていう学生がかなりいました。ほほう、と思いますね(苦笑)。基本はスマホ、なんですよね。

その一方で、京都外大の4号館のノートパソコンがあるカウンターは、貸出ノートパソコンがなくなったこともあり、常に満席。大学にいる間にパソコンで作業することは終わらせましょう、っていう学生が多いんだろうな、と思います。

同志社の教職の授業でもパソコン苦手な学生が多いみたいですが、最後の感想では「Excelを習えてすごくよかった」というものが多いんですよね。

生活ではスマホでほぼ事足りると思いますが(私は違うけど)、企業ではまだまだしばらくパソコン使うでしょうから、大学でパソコンを使う授業、特に文脈をかなり入れていかないと(普通のことはスマホでできちゃうので)、企業に入ってから大変、ということにはなるでしょうね。

その辺、大学人はちょっと意識しておく必要があるかな、と思いました。

原田まりるさんの「まいにち哲学」のトーク&サイン会に参加してきた件

原田まりるさん( @HaraDA_MariRU )の「まいにち哲学」のトーク&サイン会が大垣書店京都ヨドバシ店で開催される、ということで参加してきました。

 

「まいにち哲学」は既に購入していたのですが、今回のサイン会のためにもう1冊購入。 会場は満員で、いろんな層の方がきていました。原田まりるさんは、もともと風男塾というグループで男装アイドルをされていたので、その時からのファンと思われる方々、年配層で哲学の入門書を探していてヒットしたっぽい方々、これまでの著書で共感した感じの若い女性層、私くらいの中年男性もそれなりにいた感じでした。面白いですね。

 

まいにち哲学

まいにち哲学

 

「まいにち哲学」は総勢38名の哲学者の一節を、月ごとにテーマ(決断、や、自分、など)を決めて紹介し、解説されているものです。とても丁寧に書かれていてすごいな、と思います。また、装丁にもいろいろ工夫があって(カバー裏が一覧のカレンダーになっている)、こだわりも感じられます。

トーク会では、原田さんの執筆についての話、質問コーナーがありました。原田さんの実直さ、頭のよさが感じられるやりとりでした。司会者がいた方がよかったかもですね。まあ、書店のトーク会では難しいかな。

 

私は1冊目の「私の体を鞭打つ言葉」を本屋で見つけて買った際、「なんてそのままに生きているんだろう、大丈夫なのかな」と多少なりの危うさを感じつつ、読んだのを覚えています。ただ、若い女性(しかもアイドル)が心に抱えているものを少し垣間見た気がして、興味深かったのはたしかです。

 

私の体を鞭打つ言葉

私の体を鞭打つ言葉

 

 

その後、「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」が発売されて読んだときに、こんなのを書けるのか、すごいなぁ、と思ったのでした。「数学ガール」の哲学版だ、って思ったんですよね。ブログとかに感想書いてましたね(昨年の年始だけ読書記録をがんばったのだった(苦笑))。

 

munyon74.hatenablog.jp

 

 

 

どの本も、学生をはじめ、若い人に読んでもらいたいな、と思います。

今回、直接お話を聞く機会ができて、よかったです(なかなかタイミングが合わずで)。サインをいただくときに少しお願い事をしてきたので、裏目的は達成しました。常套手段です(笑)。編集の方ともtwitterでやりとりさせてもらいました。ふふふ。

 

f:id:munyon74:20180128173307j:plain

f:id:munyon74:20180128173339j:plain

f:id:munyon74:20180128173452j:plain

f:id:munyon74:20180128173400j:plain

 

「日本語教育 オンラインワールドカフェ」にZoomで参加してみる

1/13の10時から、荻野さん@カンタベリー大学が主催する「日本語教育 オンラインワールドカフェ」に参加しました。

15カ国60名の参加でZoomでの遠隔イベントでした。日本語教育に関わっている方々が参加するイベントでしたが、私は教育工学の研究者としてお誘いいただきました。

「この時代、何のために日本語を教えているのか」をテーマに、自己紹介セッション(5名)、佐藤慎司さん@プリンストン大学のインスピレーショントークの後、3回のグループ議論(4名)を行いました。

Zoomで全体セッション、グループセッションを行いましたが、凄くスムーズでしたね。

グループセッションでは、インスピレーショントークを聞いての感想、「何のために日本語を教えているのか」ということについて議論しました。

議論を通して、国によっての日本語教育の環境や状況の違い、学習者のモチベーションなどの違い、などを感じながら、参加者自身の日本語教育のとらえ直しができたのかな、という感想を持ちました。

私自身としては、教育工学の知見をもっと知ってもらって活かしてもらうことが必要だな、と思いました。例えば、個人的にも遠隔教育の経験は20年近く前からあるわけですが、あまりアピールできてないですし、他にもいろんな教育実践研究が有効になるな、ということを改めて思いました。また、デジタルネイティブの説明やネットの変遷みたいな話は、ここでも有効なんだな、とも感じました。

自分自身の研究や教育に関するの知見を、異分野の方にどうやってアピールしていくのか、どうやって協調していろいろな研究、教育実践に取り組んでいくのか、ということを考えていかないといけないな、と思いました。これは40代後半の課題としたい、と思っています。

日本語教育については、京都外大でも関わっていますし、学外でもいろいろな方とお話する機会があるので、今後も連携していければいいな、と思います。